マノロブラニク (Manolo Blahnik)靴の王様高価買取比較

マノロブラニクアイキャッチ

マノロブラニク (Manolo Blahnik)は、とても高価なことで知られているイギリスのシューズブランドで、同名デザイナー「マノロブラニク」が創設し、今もなお第一線でデザインを手掛けています。
一足でウン十万する商品も数多くラインナップされていて、シューズ界のロールスロイス、王様といった表現をされることが多いようです。
今回は、そんなラグジュアリーブランドの靴を賢く」「より高く売るためのポイントや、オススメサイトをいくつかご紹介します。

マノロブラニク の靴は高価でもハマる理由がある

マノロブラニク店舗外観

デザイナーでありブランド創設者のマノロブラニク (Manolo Blahnik)は、何でも極めていく「職人」のような気質の持ち主でした。自身で靴の構造や作り方を習得するのに10年の年月を費やし、妥協のない作品を作ることに情熱を燃やしています。

そんなマノロが発表する作品の数々は、多くの人々の賞賛を得ていて、ファッション界で名を馳せているデザイナーでさえもオーダーするほどの「確かな技術」と「デザイン性」の高さを感じられる靴なのです。

マノロブラニク 靴比較

マノロブラニクが展開する靴には、ある特徴があります。
それは、同デザインの靴でも「ハイヒール」と「ローヒール」の2つのヒール高の商品を並行して発売することがあるという点。可愛いけど、ヒールは苦手…または妊娠中など、様々な理由でヒール高を選べない「ローヒール派」の心を掴んだブランドとしても有名です。

また、ブランドによって、ローヒールを得意とするものもあればハイヒールを得意とするものもあって、高さ毎にブランド店を渡り歩いて探すのも結構大変ですし、不便に思っていた人は多いでしょう。

そんな手間を無くしたのがマノロブラニク

職人から靴の構造を学んだマノロブラニクだからこそ成し得るヒールの知識量。そのお陰で、たとえ10cmを超えるハイヒールであっても疲れにくく、フィット性に優れた商品を生み出せるのです。

マノロブラニクに靴のオーダーをしたデザイナーも、彼の優秀で豊富なアイデアを買って靴の注文をしたんですね。

1970年代から走り続けているマノロブラニク (Manolo Blahnik)というブランド。近年では、ドラマに登場するキャラクターが好きなシューズブランドとして幾度も話の中で登場したり、多くの人の羨望を一心に受けています。憧れのブランドとして、またはこれを買うために頑張る!などの目標としても愛されていくシューズブランドとなることは間違いありません。

マノロブラニク (Manolo Blahnik)をより高く売るには

靴のイメージ

マノロブラニク (Manolo Blahnik)のように高価な靴は、不要になってもなるべく高く売りたいものです。どうすれば高価買取をしてもらえるかの解説をさせて頂きます。

綺麗な靴ほど高価買取!クリーニングやニオイのチェック

靴のチェック

まずは、コンディションのチェック

どんなに高価で買っても、履き潰していたり、壊れていたりすると価値は無くなります。自身で出来る修理やクリーニングなどは積極的に行って、綺麗な状態で査定に出すようにしましょう。

例えばインソールの剥がれなど、軽度であれば接着剤を用いることも手です。しかし、削れたヒールの張替えや傷の着色など、雑な修復はかえってマイナスポイントになることもありますので十分注意しましょう。

その他、ニオイや香水臭がする場合には、陰干しをしたり固くしぼった布きんなどで拭き上げて様子をみてください。ニオイも重要なポイントになってきます。

素材によっては非常にデリケートなものもあるかと思います。難しそうだと感じた商品は無理にクリーニングしない方が無難です。

サイズも査定のポイント

女性靴のサイズ感

次に重要なのはシューズサイズ。
極端に大きかったり小さすぎるサイズの商品は、買い手がつきにくいこともあり査定は下がってしまいます。

忘れてはいけない付属品の有無

マノロブラニクの靴箱

ブランド品の靴を購入する際、かさばるからと「箱は要らない」と言っていませんか?買取を検討する時には付属品の有無がとても重要になってきます。
箱に限らず、今回のマノロブラニクのように海外製の靴の場合は「ギャランティ」という保証書が付属していないとガクッと金額が下がる場合があるので要注意です。

買取相場について

買取価格は約一万円

マノロブラニクの買取相場は20,000円台で高値と言っていいでしょう。
人気モデルやサイズ、状態によりそれ以上の金額になることもありますが、使用感のあるものは10,000円を切るものもあるようです。

リンカン(RINKAN)

リンカン ショップ

公式サイトを見るボタン

POINTリピーター率は驚きの95%! 親切丁寧をモットーに日々社会貢献をしているリサイクルのプロ、リンカン(RINKAN)。 選ばれる理由はたくさんあるようですが、初心者に優しいお店という間口の広さが人気の秘訣です。 10:00~20:00まで、バイヤー直通のフリーダイヤルを設けており、LINEアプリでの相談も可能な点がウケています。 相談や査定はもちろん無料で行われていて、買取を体験したお客様の声も多数寄せられているようです。 定価の何割、と決めて一律の価格を提示するのではなく、販売ルートも参考にするというこだわりっぷりです! LINEの無料査定はとても便利そうですね。 一度試してみるのも良いでしょう。

エコスタイル(ECO STYLE)

エコスタイル ショップ
公式サイトを見るボタン

POINT他店で満足のいく査定額が出なかった方へおすすめなのがこのエコスタイル(ECO STYLE)です。 未使用のパンプスで、20,000円まではいったもののもう一声!という時に頑張ってくれるお店です。 宅配買取りも行っていて、高く売るためのコツなども公表してあり、良い物を高く買い取りたいという姿勢が見て取れます。 すぐに現金化したいという方には、主に関東東海地方ですが実店舗もあります。 実際に意見を聞きながら、今後の参考にも出来る査定をしてくれる店舗です。 宅配買取りに関しては、忙しい方の味方! スピーディーな対応で、荷物が届いたら24時間以内に査定をしてくれるようです。

ビープライス(BE PRICE)

ビープライス 買取

公式サイトを見るボタン

POINT多少の使用感には寛大なビープライス(BE PRICE)。 サンダルの買取価格が全体的に高くない中で、頑張ってくれているんだなという印象を持てるお店です。 やはり素足で履く機会が多いアイテムですので、より綺麗な状態に見せることが高価買取の秘訣だと思います。 古いもの、痛んでいるものも評価してくれるビープライス(BE PRICE)は、とてもユーザー思いのお店と言って良いのではないでしょうか。 複数のアイテムの買取で金額がアップすることも少なくなく、とにかく見てもらうことが大事です。 季節外れの商品でも思いがけない金額がついたりするので、チャレンジしてみる価値はあります。

ブランドゥール(Branduru)

ブランドゥール

公式サイトを見るボタン

POINTブランドゥール(Branduru)は、宅配買取で実績を積んでいるサイトです。 全国からアイテムが集まってくるため、良い状態の商品は即決で高価買取をしてくれますし、多くの品物を見て目の肥えている鑑定士が査定をしてくれる安心感があります。 パンプスの買取が多いようで、高いものでは20,000円超えの高値を出すことも! 宅配査定は完全無料で行われており、気軽に査定に出して、希望額以上であれば即入金も可能なスピーディーさも魅力のひとつです。 インターネットに強いお店なので、地方に居てなかなか実店舗に出向けない、評価してもらえないと悩んでいる方にはうってつけ!

ブランド 風月(BRAND FUGETSU)

ブランド風月 ショップ

公式サイトを見るボタン

POINTマノロブラニクの高価買取に自信を示すブランド風月。 鑑定士の熱い思いは、お客様の声に対する返答によく表れています。 フリーダイヤルを設けており、年中無休で応対してくれるので、不明点は気軽に質問出来ます。 また、電話はなかなかかけられないとお困りの方に朗報なのがメール査定の存在。 24時間受付ということなので、時間帯を気にせずに相談が出来るというのも魅力です。 わからない点は積極的に尋ねたいものですね。 より良い状態の商品を査定に回すことが可能になるので、高価買取を実現出来る店舗ではないかと思います。 横浜に本店がある他、宅配査定も無料で行っており、住んでいる地域に関係なく質の良いサービスを提供してくれる期待度の高いお店です。

まとめ

今回は、マノロブラニク (Manolo Blahnik)についてご紹介しました。 どの店舗も力を入れて積極的に買取りを行っているのは確かですが、より高値で買い取ってもらうには、使用後のケアなど普段のお手入れの重要性が大切だということがわかって頂けたかと思います。 特にニオイが染みついてしまうと、他のコンディションが悪くなくても査定に響いてしまいますので、査定を見越した使用や、綺麗に履く工夫が必要になってきます。 しかし、使用感を残さないことは履き続ける場合にも査定に出す場合にも大変なメリットが生まれます。 是非、アフターケアにも力を入れてみてください。

この記事の著者

ハラダ

ハラダContent Writer

ブランド・宝石・リサイクル業界に飛び込んで10年。時が経つのは早い。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る