憧れのエルメスブティックデビュー!プレゼントにもピッタリお手頃価格ランキング!

96958A9C93819499E2E5E2E29E8DE2E5E3E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXZZO4928812007122012000000-PN1-14

エルメスと言えば言わずと知れた最高級のブランドの一つ。

ブランド品をファッションにあしらわれる方であれば誰もが一つは持っていたいと思えるブランドだと思いますが、ちょっとした小銭入れでも5万円〜10万円するのは普通で、なかなかブティックの扉をくぐれずに躊躇している方もおられるのではないでしょうか。

今回はそんな方に少しでも肩の力を抜いてエルメスブティックデビューをしていただくために、またプレゼントをお探しの方のためにエルメスブティックで購入可能なお手頃価格でエルメスらしいアイテムをランキング形式でご紹介したいと思います。エルメスブティックに一度行ってみたいけれど手ぶらで帰るのは申し訳なくて…なんて心優しい方も是非このコラムをブックマークしていざという時にご覧頂けたら幸いです(笑)。

尚、それ単独では使用が難しいもの(例えば手帳のリフィルやバッグのカデナ)や使用できたとしてもエルメスが単独の使用を意図していないもの(例えばスプーンなど)はランキングから外しております。またあくまでこのランキングは著者の独断で作ったものですのでもっと安くて素敵なお品があるかもしれませんが、見つけた折には貴方だけの新しい発見があったととらえて頂いてご容赦頂けたら幸いです。

第5位 アクセサリ(かんざし・髪留め)

h052752fc00imgres-4

(写真上)Kuartz《クオーツ》 Ref.   ¥20,520
(写真下)H Droit《H ドロワ》 Ref. H052511FC00  ¥16,200

顔周りにアクセントが欲しいなという時に”かんざし”をワンポイントにいかがでしょう。バッファローの角を材料に使用していますので自然な風合いがお顔を落ち着いた印象に表現してくれます。

 

第4位 カップ&ソーサー

imgres-5

Chaîne d’Ancre Bleu
《シェーヌダンクル ブルー》
Ref. P002716P

ティーカップ&ソーサー (1客)
カップ容量 160ml
¥14,580

「電車男」という映画やドラマにもなった物語で主人公がピンチを救った女性から贈られたお礼の品ということでこの「シェーヌダンクル」が取り上げられたことから当時は売り切れの店舗が続出しましたが、今もエルメスの贈り物の定番の一つとなっています。誰か心からお礼の気持ちを伝えたい方が現れたらぜひシェーヌダンクルを差し上げてみたらいいかもしれませんね。

 

第3位 フレグランス

imgres-6

Champ libre
パフュームド オリガミ(馬) 4点セット
Ref. V34125

サイズ: 13.5×13.5×5.5 cm
¥9,720

2014年末にエルメスから初めてのホームフレグランスラインが発表されました。いわゆるアロマキャンドルですが、まだ発売されて間もないものですから新しもの好きの方にはたまらないかもしれませんね。

images-4

オリガミ以外にもパフュームド キャンドル PMなど様々なデザインのキャンドルがリリースされておりますので是非ブティックに行った際は見比べてみてください。

 

第2位 石鹸

3_rect490

ル バン エルメス

ソープ 100g×3点セット
¥8,424

3位のフレグランスの少し前2014年の夏に発表されたのがこのバスライン、ル バン エルメス。このソープ以外にもクレンジングジェルやボディローションなども発売されました。バスルームをどこよりも居心地の良く、見知らぬ遠い場所へも運んでくれる特別な空間にしてくれそうですね。

第1位 文房具

【ノート】
H200641A-55

Grain d’H PM
《グランダッシュ》 PM
Ref. H200641A 55

ノート罫線
表紙: 《グランダッシュ》柄
カラー: ルージュH
小口: シルバー
サイズ: W10×H16 cm
100ページ
¥4,536

【封筒】

H200648A-55

封筒×25 便箋×55
Ref. H200648A

カラー:外側=白 内側=ルージュH
サイズ:N6 (W 110×H 220mm、A4三つ折り用)
封の裏側にエルメスの刻印入り

¥5,400

【鉛筆】

H065631CA93

Arlequin《アルルカンH》
Ref. H065631CA93

レザーペンシル
¥12,960

やはり一番安く、人前でもさりげなく使える文房具はコストパフォーマンスもよく、おすすめです。

 

さて、いかがでしたでしょうか。エルメスにも文房具や石鹸など生活用品があるのは意外な感じがした方もおられたのではないでしょうか。
また、2004年にジャン=クロード・エレナ氏がエルメスの専属調香師になって以来フレグランス関係の商品が充実してきた背景もあってか2014年には廉価なフレグランス関係のラインも増えたのも嬉しいところです。
フレグランスを楽しみにエルメスブティックデビューをしてみるのもいいかもしれませんね。

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る