服の買取価格・査定

洋服を売る上で大事なこと

洋服買取時の3大評価ポイント 

ブランド力・購入時期・デザイン・状態
おおまかですが、洋服の買取においてはこれらのポイントが重要になってきます。

洋服の買取で大事なこと

購入時期、デザイン

洋服の査定ポイント 洋服の査定ポイント

査定をする上で購入時期、デザインがポイントとなってきます。
バッグなどに比べて洋服は特に流行の移り変わりが早いので購入時の価格が高かったりヴィトンやシャネルのようなトップブランドであったとしても購入時期やデザインが古い場合、買取価格は極端に低くなってしまいます。

また購入から3年以上経過してしまうと買取不可としているお店もあります。それほど購入時期は重要になってきます。

ブランド力

バッグや財布などと同様でブランド力も査定額に大きく影響します。
ブランド力単体での評価ではなく購入時期とデザインも併せて考慮することになります。
あまりにも購入時期とデザインが古い場合はシャネルやエルメスのようなトップブランドの洋服でも買取価格はかなり低くなってしまいます。この二つが重要な査定ポイントになってきます。

商品状態

洋服の査定ポイント 洋服の査定ポイント

洋服の場合、いくら状態が良くてもブランド力がないと残念ながら価格には反映されません。
反対に多少使用感が見られても、購入時期、デザインが新しいトップブランドの服であれば、ある程度の価格で買取をされる可能性も高いですが、やはりバッグ等に比べるてダメージがある場合、どうしても買取価格は低くなってしまいます。

洋服に限らないですがファミリーセールを頻繁に行っているブランドやアウトレット商品を出しているブランドについては安価で新品や、新品同様品を購入できるため買取り価格も低くなりがちです。

関連記事

高価買取がされやすいアイテム
買取価格を決定する重要な要素

 

関連サイト(外部リンク)

洋服買取なら東京銀座・大阪のビープライスにお任せください

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る