買取前に用意する物

売る前に用意するもの

商品購入の際、様々な付属品が付いてくると思います。
箱や袋、購入店・購入日が記載されたギャランティカードや保証書など。
これらが査定額に影響を与えると思われている方、付属品がなくて不安な方がいると思いますが実際どうなのでしょうか?

付属品の有無と買取査定額

購入時の箱、袋

付属品と買取価格

時計以外の商品の場合、箱の有無が査定額に影響することはほぼないと言っていいでしょう。
影響したとしても商品自体の価値に変わりがあるわけではないため買取価格に大きな差が出てくることはありません。

 

ギャランティカード、保証書類

シャネルのギャランティ シャネルのシール

時計以外のバッグなどに関しては、まず鑑定士が商品そのものを見て判断するため、ギャランティカード、保証書がなくても基本的に大丈夫です。
買取可能な商品であれば買取されますし、ギャランティカードの有無によって商品自体の価値が変わるわけではないので査定額が大きく変わることはないでしょう。査定時に一番大切なのは商品本体そのもので、その人気・ブランド力・状態が重要です。

※上記の画像はシャネルのギャランティカードと商品内のタグ番号が一致していることでシャネル正規商品であることを証明しています。

例外

コピーが多いブランド

コピー商品が簡単に作れる、あまりにもコピー商品が多く出回っている商品については購入日や購入店が記載されている保証書、ギャランティカードが必要になってくる場合があります。

時計

時計の予備コマ 時計の保証書

時計に関しては箱・保証書などがあるなしでは買取価格が変わってきます
特に予備コマ類の有無は重要になりますので、心当たりがあれば査定前に忘れずに用意するようにした方がいいでしょう。

必ず必要なもの

身分証明書

ブランド買取の身分証明証 ブランド買取の身分証明証 ブランド買取の身分証明証

免許証・保険証・パスポートなどの身分証はどのような物を買取りに出す際にも必要となってきます。

ブランド品の買取で事前に用意すべきものは基本的に身分証明書ただ一つです。
売りたい商品があれば付属品がなくても気軽に商品を持ってお店に行ってみましょう。
どんな素晴らしい商品であっても身分証がなければ買取りはしてくれませんから、身分証だけは忘れずに。

 

関連サイト(外部リンク)

商品数が多いお客様は出張買取が便利です(大阪限定)

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る