出番の減った服を売る!メンズ洋服買取比較

メンズ洋服買取比較

「カワイイ」の行方

 

「かわいい」は一体どこまで範囲を広げてゆくのだろう・・・。

ここ数年で、ファッションの流行がガラリと変化を遂げたと感じているのは私だけではないはず。

メンズもレディスと同じくスポーティーやモードが流行している傍ら、ひときわ目を引くのが「かわいい系男子」。
スキンケアに気を配り、水玉を着こなし、萌え袖から覗く両手でマグを持ち、ラテアートを愛でる・・。
もはや「かわいい」はボーダーレス。メンズとレディスが入れ替わる日も近いのかも?

そこで気になるのが彼らの「数年前の服」。
着なくなったたくさんの洋服が、きっとクローゼットで泣いているはず。
そんな洋服を救出するにはやっぱりリサイクルが一番でしょう!
どこで売ればいいのか?徹底調査しちゃいます!!

 

6つのお店を比較!

利用させていただくのは「カインドオル」「ビープライス」」「ラグタグ」「ブロウズ」「アディクト」「リアクロの6店さまです!

 

【Kindal(カインドオル)】

kind
創業30年を超える老舗、カインドオルさん。
いつの間にか「Kind」から「Kindal」に名前を変え、今も関東・関西を中心に店舗がどんどん拡大しているようですね。
昔の古着屋さん然とした風貌はなりをひそめ、店舗はセレクトショップのようにオシャレになっています。
買取方法は店頭・宅配。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円。無料宅配キット有。
 査定期間  利用時の混雑状況は「混雑」とのこと。5日後に連絡をいただきました。
 査定額 全体的にやや低め。人気のブランドなら高価な物も。
 HP  http://www.kind.co.jp/
 住所  〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-9 itビル1~5F
(大阪 アメ村店)
 電話番号  0800-123-0480

さすがに店舗を多数構える大手さんは全体的に査定額が厳しめでした。
ハイブランドは頑張ってくれるのですが、所謂国内アパレルブランドは残念な結果に。
意外と高くつけて下さったのはビームスやアローズなど、若い方向けのセレクトショップブランド。このへんは狙い目かも知れません。
カインドオルさんは実店舗もたくさんあるので、お店が近くにある方はお買い物がてら店舗買取をお願いしても楽しいかも知れませんね。

 

【BEPRICE(ビープライス)】

スーツ買取ならビープライス
関西に店舗を構える、創業7年のお若い買取専門店。
レディスでは、ハイブランドはもちろん、フォクシールネなどを多く扱うお店。
メンズも幅広いブランドを扱っていらっしゃいます。
シンプルなHPが分かりやすく、買い取った商品が掲載されているのも参考になりますね。

買取方法は店頭・宅配。大阪は出張も可能。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円。無料宅配キット有。
 査定期間  到着当日に連絡、翌日入金。
 査定額  全体的に平均よりも高め&他店で買取不可の物もお値段がつきました!
 HP  http://beprice.jp/men/
 住所  〒543-0074  大阪市天王寺区六万体町1-32
 電話番号  0120-29-1147

小規模展開のお店は買取金額も平均的に高くなるのでしょうか。
HP上では「古い物は買い取れませんが・・」の記載がありましたが、ダメ元でお願いしてみたトゥモローランドの7~8年前のコートもお値段つけてくれました。(もちろん高くはありませんが)
ハイブランドを除いて3年以上前の物は買取不可となる場合が多い中、ビープライスさんは状態やトレンドを考慮して査定してくれている感じがしました。

到着後の査定や入金が早いのも嬉しいところ。

 

【RAGTAG(ラグタグ)】

ragtag


1985年バブルまっただ中、「可愛いけど高くて買えない・・」という女子高生のつぶやきから着想を得て創業したというラグタグさん。
東京を拠点に関西や福岡にも出店し、ブランド品や洋服・古着はもちろん家具までトータルに扱うお店です。

買取方法は店頭・宅配・出張。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円・無料宅配キット有。
 査定期間  2日以内にメール連絡。今回は2日で連絡があり、翌日入金。
 査定額 決して安すぎることはないけれど、発売年数でかなり差が出る印象。
 HP  http://www.ragtag.jp/sell/category/index.html
 住所  〒 150-0041 東京都渋谷区神南1-17-7  (渋谷店)
 電話番号  03-3476-6848

平均的なお値段。ハイブランド以外はリリース時期や状態にも厳しい印象を受けましたが、ギャルソンやA.P.C、アンダーカバーなど、変わらぬ人気を誇るブランドは安定した金額がつきそうです。

こちらは初めての買取の場合は一度会員登録をし、査定額はマイページから見るという仕様。
ご連絡や入金も思ったより早かったです。

 

【BLOWS(ブロウズ)】

BLOWS

 

東京・名古屋で展開されている買取専門店「ブロウズ」さん。
楽天市場・YAHOOショッピングで販売運営もされており、楽天ではメンズ古着部門トップクラスの販売実績だとか。
買取方法は店頭・宅配、愛知県全域・東京23区は出張買取もOK。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円。無料宅配キット有。
 査定期間  到着したら一度ご連絡あり。その翌々日査定額のお知らせ、翌日入金。
 査定額 ハード系ブランドに強い印象。
 HP   http://blowz.co.jp/
 住所  〒150-0041 東京都渋谷区神南1-17-9 神南ウエスト102 (渋谷店)
 電話番号  0120-290-495

上記の「ハード系」が正しい表現か自信ないのですが;クロムハーツやディースクエアード、ヒスなどが高く見積もっていただけました。このあたりのブランドって、最近着なくなったな~という方が結構いるのではないでしょうか?
写メール査定や、LINE査定も実施されていますし、ブランドの趣向が合えばかなりハマるお店と言えそうです。
あとこちらは業界初の「出張買取1点から可能」!普通は10点未満や洋服・古着だけだと断られてしまうお店も多い中、これはかなり凄いと言えるのでは。

【ADDICT(アディクト)】

addict

 

ブランド買取業界では新興勢力である「ブランドゥール」さんのメンズ部門として登場した「アディクト」さん。
黒を基調としたHPはすっきりとして大人っぽいです。

取扱いブランドを絞ることで高価買取を実現しています!とのこと。
買取方法は店頭・宅配。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円。無料宅配キット有。
 査定期間  「所要時間は最短3日」との記載。今回は到着の翌日ご連絡、その翌日入金でした。
 査定額 今回の中で一番発売時期にシビアな印象。
 HP  http://addict-m.jp/
 住所  〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-16 HF青葉台ビル2F
 電話番号  0120-767-467

比較したお店の中では発売年にかなりシビアな印象を受けました。
私は今回けっこう昔の物ばかりお願いしたので思うようにお値段が付かない物も多かったのですが、ストリート系ならソフネット、インポートではトムブラウンなんかが歓迎されました。
こちらでは「写メール査定」が可能。買取見積もりをお願いしたい商品の写メを送ると、5時間以内にお返事がいただけるそう。また、お電話でも大体の金額を教えてくれるそうなので、事前に確認するのもいいかも知れませんね。

 

【REAL CLOTHES(リアクロ)】

reaclo

 

関東から中部、関西、九州まで店舗展開されている古着買取店「リアクロ」さん。
男性をターゲットとした、アパレルからZIPPOなどの小物・フィギュアなども扱うお店です。

買取方法は店頭・宅配・出張。出張買取は日本全国OK!店舗数の多さゆえですね。

 査定費用  送料、キャンセル時の返送料、その他一切の費用0円。無料宅配キット有。
 査定期間  到着の翌日にご連絡、当日入金。
 査定額 適正な査定価格に感じます。幅広いジャンル展開が魅力。
 HP  http://www.realclothes.jp/index.html
 住所  〒454-0838 愛知県名古屋市中川区太平通4丁目13 ヤマト太平ビル1F (名古屋本店)
 電話番号  052-364-8331

全体的に金額は普通な印象。状態には寛容な印象なので、他店で買取不可だった商品を再度お願いしてみるにはいいかも?
こちらで特筆すべきはユニフォームやバンドTも扱っている点。さすがおもちゃやホビー用品も扱うお店なだけありますね。我が家は売れるようなバンドTはなかったのでお値段のほどは分かりませんが、ご興味のある方は是非。
写メール査定、LINE査定も可能。出張買取も全国対応です。

 

 

あなたらしく使い分けを!

今回は「メンズの洋服・古着」というかなり幅広い括りで比較してみました。
ハイブランドはやはりどこも高くお値段つけてくれるのですが、それ以外のブランドはお店によって結構差が出たように思います。

ブロウズさんのハード系ブランドの査定額の高さや、そしてユニフォームやバンドTも扱うリアクロさんは印象的でした。
大手特有の安心感を求めるならカインドオルさんやラグタグさんもいいですが、個人的には平均的にお値段が高く、経年にも比較的寛容で対応も早いビープライスさんが頭一つ抜けていたかなと思います。

そして比較した6店のうち3つのお店が写メール査定、うち2店はLINE査定を実施されていました。
買取不可で送り返してもらう等の手間も省けますし便利ですよね。

いかがでしたでしょうか?
最近テイストが変わって洋服を持て余してしまった方の参考になれば幸いです。

 

ファッションはどんどんジェンダーレス化。もう「メンズ」「レディス」というジャンル分けはナンセンスなのかも知れませんね。

この記事の著者

カーミッコ

カーミッコURUPO Writer

猫大好き専業主婦。
ファッション、美容、アートからアニメ、ゲームまで幅広いジャンルに興味あり!

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る