S.T.デュポンを高く売る!高価買取比較5選

デュポン買取比較

今回ご紹介するのは、S.T.Dupont(デュポン)が発売している高級ライターの買取比較です。
デュポンのライターは、10,000円ほどの安価なものから、高級バッグが買えてしまうラグジュアリーなものまで幅広いのが特徴です。
デュポンは独特のセンスとデザイン性に虜になるファンも多く、中古市場でもたくさんの商品流通があります。
日々のメンテナンスで高価買取を狙える商品がありますので、お手持ちのデュポンを「より高く売る」コツやケア方法をご紹介します。

S.T.デュポンはライターのラグジュアリーブランド

S.T.デュポンの誕生

フランスに生まれたS.T.Dupont(通称:デュポン)は、大工の父のそばで物づくりに触れており、繊細なデザインセンスは幼い頃から磨かれたものでした。
1872年、デュポンは自身の名前と同名のブランドを立ち上げ、上流階級向けの商品を作り始めます。
デュポンが作る、高品質でハイセンスなデザインに多くの貴族が賞賛の声をあげ、ラグジュアリー志向のブランドという印象づけに成功したのです。

デュポンの主力商品はライター

現在、デュポンの主力商品となっているのはガスライターですが、万年筆などのステーショナリーやレザー製品も扱っています。
価格帯に幅を持たせて幅広く展開されているデュポンのガスライターは、限定品や高価なラインでは100,000円を超えますが、10,000円ほどで手に入るものもあります。

人気ラインはライン2とギャッツビー

特に人気のラインとして、「ライン2」や「ギャッツビー」ラインがあり、その中でも希少性が高いものほど高価で取引されています。
例えば「デュポン 18464 アンダルシア ライン2 2003年 限定3,000本ライター」は40,000円、「デュポン18005 2007年限定 ニューヨークフィフスアベニュー ギャッツビー ガスライター」は50,000円ほどの買取価格を実現しています。

デュポンライターはセルフメンテナンスを行い使える状態にしよう

査定で一番重視されるのは「使用可能」なこと

デュポンに限らず、ライターは「使用可能」か「ジャンク品」かで買取相場が極端に変動します。
何年もタンスに眠っていた、最近使っていなかったなど、使用できるか分からないものは、まずセルフメンテナンスをしてみましょう。
壊れていても買い取ってくれる場合もありますが、買取金額はタダに近くなることを念頭に置いてください。

着火可能かその場で確認される

ジャンク品として買い取っても、業者が行うメンテナンスで必ずしも使用可能になるとは限りません。
着火可能な状態であれば、使用感があっても「使える」ので、中古市場でのニーズがある可能性があるため、業者はいくらかで買取してくれます。
デュポンのライターを査定に出す際は、まず「着火できるか」を確認しましょう。

ガス漏れや火打ち石の摩耗

ブランドライターの買取で重要なのは「まず使えるか」なので、消耗品である火打ち石の摩耗やガス漏れは、査定額が下がる原因になります。
手間をかけてでもメンテナンスが必要です。

人気のライン2、ギャッツビーは高価になりやすい

事前にライターの型番やライン名が分かると、査定がスムーズになる傾向があります。
デュポンはたくさんのデザインとラインが存在するため、定価でいくらするものなのか、限定ものかなどがわかる「型番」「ライン名」は分かることがベストです。

独特の開閉音

デュポンのライターは、独特の開閉音が好まれています。
開閉部に歪みがあるとクリアな音は失われてしまうので、「開閉音」が維持されているかも高価買取のポイントです。

デュポンの買取相場

デュポンの買取相場は、限定もので65,000円付けば高価買取と言えます。
手入れ次第とはいえ、ライターは基本的に消耗品であるという点から、買取価格は3,000~30,000円ほどの買取相場で推移しています。

【ブランド名】を売るのにオススメ買取店5選

ECOSTYLE(エコスタイル)

エコスタイル ショップ
公式サイトを見るボタン
デュポンの買取実績が豊富で安心感をもって査定に出せるのがエコスタイルです。
豊富な実績と審美眼を持つスタッフが丁寧に鑑定し、買取価格の提示をしてくれます。
使用感のあるBランク商品でも買取を行い、積極的に値段を付けている印象があります。
ライターだけでなく、デュポンの181401 LINE ブリーフケースなど、バッグの買取実績もあり、デュポンというブランド自体に詳しい傾向が見て取れます。
エコスタイルは、店舗での査定以外に宅配査定、出張査定を行っており、利用しやすい方法でアプローチできます。
多彩なジャンルのブランド品を査定してくれるので、買い取ってほしい商品がたくさんある場合や、面倒なのでまとめて処分したい場合など、宅配査定や出張査定で一気に買い取ってくれるのが魅力です。

MARUKA(マルカ)

main_maruka
公式サイトを見るボタン
MARUKAは、LINE@でのスピード査定が人気のハイブランド買取店です。
最短30秒で完了する査定は業界随一の速さ。
写真を撮って送れば、30秒でいくらで売れるかの相場価格が分かり、面倒な申し込み作業を行わずに査定価格がわかるのが魅力です。
とりあえず売れるのかが知りたい、大体の相場価格が知りたいという方にうってつけのツールと言えます。
査定をするのはもちろんプロの鑑定士で、実際に査定して提示された価格が違うなど、行き違いも防げます。
売れる価格を事前に知ることで、安心して査定を申し込めるのでオススメです。
売れるかわからない不安を取り除いてから申し込めるので、価格が安かった時の不安がなくなります。

BEPRICE(ビープライス)

ビープライス ショップ2
公式サイトを見るボタン
S.T.デュポンの買取に自信を見せるビープライス。
たくさんの買取実績をもち、積極的に買取を行っています。
ビープライスの特徴的なサービスとして、「ビーダッシュ買取」をご紹介します。
ビーダッシュ買取は、関西圏限定(大阪市北区、中央区、西区、福島区)のみの適用ですが、依頼があってから最短30分で査定場所に向かうという出張買取サービスです。
ビープライスのスタッフがダッシュするというとても新しい試みです。
出張可能エリアを限定することでより良いサービスを提供する、ビープライスの真摯な姿勢が見えるサービスと言えます。
良いものをより早く流通ラインに載せることで、商品の値段が下がる前に積極的に買取を行い、販売できるのです。

Refasta(リファスタ)

refasta ショップ
公式サイトを見るボタン
リファウンデーションから名前を一新し、リファスタとしてデュポンの買取を強化しています。
リファスタは、箱付き買取の場合には買取価格が上がる傾向にあり、査定士も金額を上げやすいようです。
多少使用感があっても、希少性があれば希少性をとって評価してくれるので、高く売れる可能性があります。
セルフメンテナンスをして綺麗な状態に近づけることで、高価買取も夢ではありません。
宅配買取には、スピード重視のスピードタイプと通常査定のベーシックタイプがあり、急いで現金化したい場合に便利です。
利用しやすい査定方法を選び、サイト内ですぐに店舗と連絡ができるチャット機能などを利用して、事前に不安点を消化できるツールも好評です。

REAL CLOTHES(リアクロ)

リアクロ ショップ
公式サイトを見るボタン
REAL CLOTHES(リアクロ)はデュポンの買取を強化しています。
人気ラインのライン2など、積極的な査定で人気です。
さまざまな買取強化キャンペーンを行い、お得感とともに査定ができるのが特徴のリアクロ。
冬物キャンペーンや店舗の拡大キャンペーン、ポイントカードのポイントアップなど、買取価格がアップする取り組みで人気です。
事前査定を行ってから査定に出せるLINE査定、メール査定、フリーダイヤルでの電話査定に対応しています。
商品の確認から査定金額の決定まで、さほど時間をかけずに把握でき、利用しやすい体制が整っています。

まとめ

今回は、S.T.デュポンの高価買取にオススメの業者をご紹介しました。
どの業者もそれぞれに、取引するメリットがあります。
スピードを求めるか、お得感を求めるか、実績の多さから選ぶかなど、査定に出す際に重視するポイントによって利用する業者を選びましょう。
最近では、事前に査定価格がわかるツールを用意している業者も多く、より円滑に取引を進められるようになっています。
あなたに合った業者を選んで、賢く売りましょう。

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る