コーチ(COACH)の買取徹底比較!うまく売るにはうまく使う

コーチを売るなら?買取店比較

コーチ(COACH)というブランド名は、女性に限らずご存知の方も多いのではないでしょうか。 コーチ(COACH)は、1941年に、ニューヨークのマンハッタンで創業された高級ブランドです。 中でも、日本では「シグネチャーモデル」が大変な人気を博し、一気に急成長を遂げたことで、国内では周知の存在として名を知らしめています。
ブランド品というと、使わなくなったら買取してもらうことが多いですよね。 今回は、最近のコーチ(COACH)のアイテムの買取状況や、より高く売るコツ、使って行く上でのポイントなどをご紹介させて頂きます。

コーチ(COACH)は大衆ウケで浸透する高級ブランド

コーチ(COACH)の販売戦略

コーチシグネチャーバッグ

コーチ(COACH)と言われて思い浮かべるデザインと言えば、「COACH」の頭文字である「C」のロゴがずらっと配置された「シグネチャーモデル」ですが、コーチ(COACH)は現在でもその「シグネチャーモデル」の新作を輩出し続けています。 革新的なデザインと、購入しやすい価格帯のリサーチにより、コーチ(COACH)というブランドは幅広いファンの支持を得ています。 高級ブランドであるコーチ(COACH)がこれだけの人気を博している裏には「高級ブランドを求めやすい価格で」という、コーチ(COACH)の経営理念が根底にあります。 コーチ(COACH)が大衆に受け入れられるために実践している戦略。 それは、正規のラインとは別に「アウトレットライン」を並行して販売することでした。 その戦略は、他のブランドにはあまり見られないものだったため、ライバルブランドの上層部はさぞ驚いたことでしょう。 しかし、比較的安価で手に入れられる「アウトレットライン」のラインナップは、瞬く間に世間に受け入れられ、浸透して行きました。

コーチ(COACH)の「アウトレットライン」は残り物でなく正規品

コーチアウトレット外観

コーチ(COACH)には、「アウトレットライン」という販売ラインが存在しています。 一般的な「アウトレット」のイメージとしては、型落ちや売れ残りなど、あまり良いものではありませんが、コーチのアウトレットラインは「専用デザイン」「新品」が並んでいます。 数多くのアイテム展開があるために、知識量の少ない店による買取査定では「偽物」という判断がされることもあるくらいなのです。 そんな「間違い」を起こされないための対策や、査定時のテクニックなどのご紹介を次項でお話しましょう。

コーチ(COACH)を高く売る秘訣と押さえておきたい高値ポイント

ブランド品を買取に出す際に、気を付けた方が良いポイントはいくつかありますが、コーチ(COACH)には、コーチ独自の注意事項があります。 順を追ってご説明しましょう。

まずは、基本的なところなのですが、使わないなと思って査定に出す前に、自分で出来る限りの「クリーニング」をしましょう。 なにも専用の業者に出す必要はありません。なぜなら、買取業者は、各自で、クリーニングや修理をするラインを保持していることがほとんどだからです。

革製品などは、固く絞ったふきんなどで拭き上げ、バッグの端に溜まっている埃は、掃除機で吸って、綺麗にしましょう。

衣類や布製品には、自分では気づかない「ニオイ」もついていたりするので、査定に出す前に、風通しの良い場所で「陰干し」をして、脱臭剤などを入れておきましょう。 使用後に、都度行うようにすると、結果的に査定額がアップする「良品」と扱われることもあります。

クリーニングに加えて「自分で直せそうなほつれなどを直す」ことも、査定額アップには有効です。 しかし、先述の通り、買取業者は大半が「壊れていても買取出来る」ということをウリにしていることが多いです。 壊れたまま出すことで、買取金額は下がりますが、自身で無理に直すことで「更に」買取金額が下がるということもありえますので、判断は慎重に行う必要があります。

最後に「コーチ(COACH)ならでは」の査定額アップのポイントです。 「アウトレットライン」の商品を査定に出す際、購入時のレシートや保証書などは必ず一緒に持参、または発送してください。 きちんと「アウトレットラインのCOACH FACTORYで購入したもの」という証明が出来ると、買取不可の偽物、などという誤解を招く心配がなくなります。 上記以外に、付属品などは全て保存しておくと、査定金額がアップすることが多いです。 コーチ(COACH)は、数ある有名ブランドの中でも「手に入れやすい価格帯」で販売することに力を入れているため、バッグの査定では、20,000円で高値と言われます。 しかし、これからおススメする店舗では、場合によって査定を上げてくれたり、買取りキャンペーンの実施などで、高額査定を叩き出すことも可能です!

レシートのイメージ

賢い買取査定で、ブランドライフを楽しみましょう!

なんぼや

ショップ なんぼや

公式サイトを見るボタン

POINT全国展開をしていることが強みの「なんぼや」 店舗内装にも力を入れており、駅近でアクセス抜群な点が魅力! ここなら直接出向いての査定でも良いかな、と思わせる素敵な空間作りがなされています。 加えて「自身の店舗で品薄なシリーズであれば、それだけで買取金額がアップするというありがたいシステムが存在し、これに当てはまれば、他店で10,000円~13,000円だったコーチ(COACH)のハンドバッグがなんと16,000円に! 分からない点は電話でのサポートもあり、イチオシの業者です。

 

ブランディア(Brandear)

ショップ ブランディア2

公式サイトを見るボタン

POINT眠っているブランド品をひとつでも多くの「ハッピー」に繋げるというコンセプトで創業されたブランディア(Brandear)。
宅配買取の丁寧さは、今や宅配買取業界の通例になるほど!
梱包する段ボールから買取り不成立の際の返送料まで無料で行ってくれる良心的サイトです。
気になる買取金額は、シグネチャーモデルのキャリーで平均19,000円ほど。
シグネチャービジネスサッチェルでは、350件ほどの買取で平均3,900円となっております。

 

ブランドゥール(Branduru)

ブランドゥール

公式サイトを見るボタン

POINT専用の「マイページ」で一括操作が出来る点が魅力の「ブランドゥール(Branduru)」 宅配査定は、返送料に至るまで全てが無料です。 ブランドゥール(Branduru)では「マメなメール連絡をする」ことで、査定時の不安解消に努めています。 最近の買取実績では「18SS 25137 チャーリーキャリーオールバッグ」がなんと20,900円という査定額に! 確かな目を持ったバイヤーが、1点ずつ細かくチェックをしてくれる良心的な買取サイトです。

高山質店

高山質店 バッグ
公式サイトを見るボタン2

POINT25店舗の展開がある高山質店。 100年に渡る伝統と、販売ラインの確保をすることで、長年に渡る信頼を獲得しているお店です。 宅配買取も行っており、梱包用の段ボールの見本には、写真を使って、何がどのくらい入るのかなど、親切に解説されています。 荷物の到着後、その場で査定をし、即日現金支払いが可能なので、取り急ぎ現金が必要な場合など重宝しそうです。 壊れたものでも買取OKという点も魅力ですね。 最近の買取実績としては、コーチ(COACH)とミッキーのコラボトートが15,000円での買取です!

リファウンデーション(Refoundation)

リファウンデーション ショップ

公式サイトを見るボタン

POINT「スピーディ」をウリにしているリファウンデーション(Refoundation) 査定は、バッグなどで15分以内、衣類に関しては、1着1分での査定を行うという「目利き」でなければ成しえない、スマートな取引を得意としています。 宅配買取でも、そのスピーディさを生かした「即日現金化」が可能です。 銀行が営業している「15:00まで」という制約がありますが、即日現金化というのは魅力のひとつですよね。 買取実績としては、「イーディ ショルダートートバッグ レザー」が状態が良いSランクで18,000円! 人気のシグネチャーでは4,000円前後となっております。

まとめ

様々な店舗をご紹介致しましたが、日頃から大切に使い、セルフメンテナンスを行っていくことで「売ろう」と思った時の買取査定額に大きな違いが生じてくることをご理解頂けたかと思います。 コーチ(COACH)のラインナップは豊かで、偽物も多く出回っていることから、正規店で購入した時の証明になるものは、面倒でも取っておきましょう。 後々の自分の助けになってくれると思えば「捨てない」ことはちょっとした心がけではないでしょうか。

この記事の著者

ハラダ

ハラダContent Writer

ブランド・宝石・リサイクル業界に飛び込んで10年。時が経つのは早い。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る