グッチの並行輸入品|本物?偽物?正規品と何が違うの?

並行アイキャッチ1

実は知られていない!「並行輸入品」って何?

ネットショッピングが常識化してきた近年、よく耳にするブランドの「並行輸入品」という言葉。「正規品」と並んで「並行品」と記載されることが多いため、並行品=ニセモノと思っている人も多くいるのではないしょうか。今回はまだまだ認知度の低い並行輸入品について詳しく説明していきます。

正規品と並行輸入品の違い

簡単に言うと、流通のルートの違いです。多くの海外ブランドは海外の工場で作られ販売されているため、日本で手に入れるためには2つのパターンがあります。
海外ブランドから正規のルートを通って販売を行っている「国内直営店(正規代理店)」か、海外から直接買い付け・輸入している「並行輸入業者」です。

並行ルート

図のように正規輸入ルートならば海外ブランドから直接国内直営店へ行くため、安心して正規品が購入できるわけです。一方並行輸入ルートは海外ブランドから海外直営店などを経由したあと、「並行輸入業者」を挟んで日本へ商品を運びます。この並行輸入業者とは、ブランドと直接販売契約を結んでいる業者もあれば、ブランドと直製関係の無い業者であったり、はたまた個人であったりとその形態は様々です。その為このルートでコピー商品と呼ばれるものが混じる原因となっているのです。
最近のコピー商品は精巧に作られているため、ブランド知識が乏しい並行輸入業者ならばニセモノとわからず偽物業者から仕入れ・流通させてしまうのです。

余談ですが、「個人で海外旅行に行った際現地の直営店でブランド品を買って日本に帰る」のは個人利用する場合のみOKなのです。あまりに大量に買い込んだり、同じ種類のものを買ったりしていると業務目的思われ、販売店や空港で止められてしまうかもしれませんので注意が必要です。(日本国内で販売するなどの目的であるならば、「業務輸入」となり手続きや税金のルールがあります)

並行輸入品はニセモノではない

結論から言うと、「並行輸入品」=「全てニセモノ」ではありません
基本的には信頼できる業者がしっかり流通ルートを確保し販売しています。
しかしながら残念なことに悪意のある業者が存在し、前述の通り「ニセモノ」が混じっている可能性が少しでもある、ということです。

ここで不思議なのが「ニセモノが混じっている可能性があるのに、なぜ並行品でブランドを買うのか」ということ。それは、並行品ならではのメリットがあるからなんです。

並行輸入品のメリット

並行輸入品と聞くだけで拒否反応を起こし敬遠している人もいるでしょう。それはちょっともったいないと思います。前述のとおり、輸入のルートが違うだけで品物は正規店のものと同じ製品なのです。(作っている工場が違うなど細かい違いは多少ありますが)
並行品ならではの特徴を知り、理解した上で利用すればきっと賢い買い物ができますよ!

購入価格が安い

一番大きな魅力は価格の安さです!
ハイブランドになるほどセールなどの安売りはしません。ルイヴィトンの直営店が「セール!」「大特価!」「大安売り!」と書かれた赤いポスターをペタペタ店内に貼っているのは見たこと無いでしょう。そして見たくは無いでしょう・・・。
安売りをしない理由として、値崩れを起こさせないためやブランドの世界観を守るため、どの時期に購入しても満足感を得られるためなど、様々な理由があると思います。基本的にはブランドが決めた定価で販売されるのです。コーチなどアウトレットやファミリーセールがあるブランドも中にはありますが、ブランドの戦略の一部でしょう。
並行輸入だとなぜ安くなるのか?それは為替の変動で外貨が安いときに買い付け、日本で売ることが出来るからです。

たとえば全国展開のドン・キホーテさんは、並行輸入のブランド品を取り扱ってることで有名ですよね。驚安の殿堂と謳っていることからブランドも激安?偽物じゃないの?と疑われがちですが、ちゃんと【偽造品や不正商品は一切ございません】と明示しています。
⇒ ドン・キホーテで取り扱っているブランド品について

日本未発売のものがある

スニーカーやアウトドアグッズ、バッグなどでよくある「日本未発売」のものを手に入れられます。国内直営店で取り扱いのない、限定デザインや限定カラーなど細かい仕様が違うものを手に入れられるのは並行輸入の魅力のひとつ。わざわざ海外まで行って買いに行くわけにもいかないので、こういった点はファンにはたまらないですよね!

国内正規店で売り切れのものを手に入れられる

直営店などですでに完売しており日本国内で手に入れることが出来ないとき、在庫が海外正規店に残っている場合があります。(日本人の好みと違うからでしょうか?)そういった場合は並行輸入品として日本に入荷することがあります。

並行輸入のデメリット

もちろんいいことばかりではありません。安いから、という理由で並行輸入を利用したとしても、そのデメリットを理解していないとトラブルとなることがあります。

国内正規のアフターフォローについて

並行輸入の製品は国内正規代理店を通っていないため、製品のアフターフォローが受けられない場合があります。たとえばネットショッピングでブランドのバッグを買って、リペア(お直し)を正規店でお願いしようとしても断られる場合がある、ということです。もちろんブランドごとに対応は違ってきますが、可能性の1つとして覚えておきましょう。

・国内代理店の保証書やギャランティーカードがある場合のみ受けつける
・購入時にユーザー登録をするブランドはメンバーズIDが必要(モンクレール等)
・原則、保証書は発行された国のみの適用

これらのことが考えられますので注意しておきましょう。
たとえば、高級腕時計ブランド「FRANCK MULLER(フランクミュラー)」の場合、正規品以外は全てアフターフォローが受けられません。国内正規店で発行された保証書が無ければ修理など受け付けてもらえませんので注意が必要です。
事例として、ネットショップで買ったフランクミュラーのリューズに不具合が生じ正規店に持ち込む→修理を断られる→近所の時計店に持ち込み修理依頼をする→時計店が純正のパーツを取り寄せようとするが、本国から送られてくるため時間的コストと金銭的コストがかかる→非純正パーツで我慢することに→修理してから数年後売却しようと考える→一部純正パーツではないため売却不可。ということがありました。

ギャランティ(保証書)が無い場合がある

基本的に並行輸入品にはギャランティはつきません。ギャランティとは商品番号や型番、シリアルナンバー、購入した日付、購入店舗、購入者の名前、ショップスタッフの名前などが印字・記載されています。基本的には製品と一緒に保管しておくものです。
しかしながら並行輸入品の場合こういったカードがついていないか、ついていたとしても上記項目が空白の場合が多いでしょう。そのためギャランティカードは本物であっても、ギャランティとしての機能はない、ということです。空白のギャランティーカードがついてるなら自分で書き込んだらいいじゃん!と思ってしまうかもしれませんが、ショップ名の部分などはスタンプの場合が多いのでやめておきましょうね。

箱や紙袋、保存袋などの付属品がついていない

並行輸入品にありがちなのが、付属品がついていない場合があるということです。ブランドによっては海外・国内共に正規店であっても箱などを付けないケースがありますが、並行輸入品の場合は特に場所をとる箱をあえて付けないことが多いです。

販売店の信頼性

並行輸入が多く出回り、それを販売する方法も多様化してきました。小さな街のセレクトショップからネットショップ、大きなところでドン・キホーテや家電量販店でしょうか。そこで重要なのが、販売店が信頼できるかどうかです。
特に通販の場合は仕入先が不透明で、コピー商品と呼ばれる偽物を取り扱っている場合があるので注意が必要です。これはショップ自体が偽物業者の場合と、ショップ側が偽物と知らずに仕入れた場合がある、ということです。信頼性のあるショップの場合、万が一手元に届いた製品が偽物だった際は返品を受け付けてくれ謝罪などのしっかりとした対応をしてくれる筈です。対応がしっかりしていないショップや偽物業者の場合は返品を受け付けつけてくれないばかりか、連絡しても無視されたり、最悪所在不明のため問い合わせが出来ないなんてトラブルの事例もあります。実際に手にとって見ることの出来ない通販は、より一層の注意が必要なのです。
こういった不誠実な業者が実際にいるため、並行輸入品=ニセモノといった認識が世間に広まっているのです。

その他のデメリット

めったに無いことですが一度遭遇したことのある事例で、海外ブランドの財布を購入した際お札が入らなかったのです。その当時は不良品だ!と思いましたが、周りに相談していると「海外のドルとかの紙幣サイズなんじゃない?」との意見が。直接ブランドに確かめたわけではないですが、きっとそうなのでしょうね。日本国内用の財布ではない場合、こんなことがあるんでみなさんも気をつけてください。(こんなうっかり者は私で最後にしたいので、この場を借りて注意喚起をしています^^)

並行輸入品に関するトラブル

ヤフーの知恵袋やクチコミサイトなどでよく目にするのが「正規店でアフターサービスを断られた!」「質屋でニセモノといわれた!」「リサイクルショップで買い取ってもらえなかった!」などの悲しい叫び。だけどこれらのほとんどは並行輸入品の知識があれば納得できる理由があるんです。

事例1 正規店でアフターサービスを断られた!

先に述べたとおり、並行輸入品は国内正規店でのアフターサービスを受けられないことがあります。対応はブランドによって様々です。
正規代理店としては「当店で取り扱った商品のみフォローします。購入したお店にフォローをお願いしてください」といったところでしょうか。(かといって販売元のネットショップに問い合わせても、直接海外直営店に繋がっていないショップもありますので、「自分でブランドに出してください」としか言われないと思いますが)
アフターサービスを断られたといって「偽物だった!」と憤慨するのは筋違いというものですね。

事例2 質屋でニセモノといわれた!

まず、質屋はブランド(メーカー)ではないので真贋の判定は行いません。独自の真贋マニュアルに則って判断しているので、質屋さんに偽物だと言われたからと言って鵜呑みにしてはいけません。

事例3 リサイクルショップで買い取ってもらえなかった!

これはよくある事例です。リサイクルショップの買い取り基準というのは「自社で販売できるかどうか」です。買い取ってもらえなかったといってニセモノというわけではありません。
買い取ってくれない場合というのは「自社の買取基準に満たない製品」で、考える要因として

・ダメージがひどい場合
・製造年代が古すぎる場合
・偽物が多く出回ったデザインで、安全の為買取を避けた場合
・少しでも怪しい点があった場合
・買取スタッフの経験が浅く、真贋判定が甘かった場合
・買取対象外のブランドだった場合

等が挙げられます。リサイクルショップとしても万が一偽物を買い取ってしまった場合、損をしてしまうので安全の為に買取を控える場合もあります。
また、質屋で買い取ってもらえなかった事例と同じで真贋の判定は行わないのが普通です。

事例4 有名百貨店の催事で偽物が販売されていた!

実際にあった2013年のニュースです。アメリカ発の人気ブランド「チャン・ルー(CHAN LUU)」を取り扱った三越伊勢丹、そごう・西武、大丸松坂屋百貨店、京王百貨店内の催事で偽物が混在している可能性があると発表しました。これは取り扱い業者が偽物とわからずに仕入れ、そのまま販売されてしまった事例といえるでしょう。

事例5 公式サイトそっくりに作られた「偽物ショップ」

例えばグッチの公式サイトはコチラですが、URLを見てみましょう。【https://www.gucci.com/jp/ja/】となっていますね。万が一、httpの後に続く部分が【gucci.gekiyasu】【gucci.jp】など似ているけどちょっと違う、というアドレスの場合は偽サイトです!こういったサイトでは注文しても商品が届かなかったり、届いても偽物だったり、連絡が取れなくなったりする場合があります。公式サイトに似せている場合は見分けがつかないと思いますが、保護されているページかどうか、販売元の記述がしっかりされているか、ページ内の日本語がおかしくないかなどしっかり確認しておきましょう。

ホンモノの定義とは

正規店で買ったもののみが本物!と考える方も多くいらっしゃるでしょう。並行輸入品であったとしても大元は海外直営からの品物だからこちらも本物!という考えも間違いではありません。
本物とは何か?それは「ブランドの品質」であると私は思っています。バッグに使われている革など製品の素材、その縫製、金具のバリや時計などのムーブメント等、ひとつひとつ細かい部分に職人の技が詰め込まれ、デザインひとつひとつにデザイナーのストーリーが描かれているのです。ニセモノはただホンモノを真似ているだけなので品質に差が生まれるのです。並行輸入品だからといってニセモノだ!と決め付けず、その品質に納得して手にするようにしたいですね。

最後に声を大にして言いたいのは、『よく見ないとわからないから』という理由で安いコピー商品に手を出すのはやめましょう!

 

この記事の著者

ハラダ

ハラダContent Writer

ブランド・宝石・リサイクル業界に飛び込んで10年。時が経つのは早い。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る