お悩みの方必見!毛皮の取り扱い方とお手入れ方法

2-2

よくある毛皮のトラブル

■毛皮に水分は大敵!
霧雨や若干の雪など少しの水分の場合は、皮の部分をしっかり持って振り水分をきってください。
キッチンペーパーや乾いたタオルなどで丁寧に拭き取り、風通しのよい室内で自然乾燥させること。
万が一皮部分まで濡れてしまうほどの水分がかかった場合はすぐにクリーニング店などの毛皮専門店でのリペアをお勧めいたします。
皮部分が水分を吸ってしまうと、なめしがバリバリに硬化して破れる原因になりますので要注意です。

■ジュースなどの飲み物をこぼしてしまった時
すぐにティッシュやハンカチなどで水分を吸い取り、固く絞ったおしぼりや蒸しタオルなどでたたき出すように汚れを取り除きます。皮部に染み込んだり、汚れた水分が広がらないように気をつけましょう。
注意したいのが、見た目は綺麗になっていても、糖分などが残っていた場合虫食いの原因にもなるため、念入りに拭き取ってください。
色がついてしまったり、シミが広範囲の場合は、クリーニング店などの毛皮専門店でのリペアをお勧めいたします。

■ストーブなどの熱源に注意!
タバコやライターの火はもちろん、ドライヤーやストーブなどの温風にも気をつけてください。
熱源に近づくと毛先が焦げチリチリになってしまいます。
また、雨に濡れたからといってドライヤーで乾かすのは危険です。皮まで熱が伝わると硬化・縮みの原因となり破れてしまいます。

■毛並みに癖がついてしまった場合
クローゼットにしまっていても、他の衣類に圧迫されて毛並みが乱れてしまう場合があります。
その場合、霧吹きなどで毛先部分だけ軽く湿らせ、目の粗いくしなどで優しく毛並みを整え室内で自然乾燥させれば、たいていの癖はとれます。

■摩擦によるダメージ
気がついたら毛皮が薄くなっていた、ボリュームが減ってきた、などと感じる場合は、摩擦により毛が擦り切れてしまっている可能性があります。
袖口、ポケット周辺、襟付近、ショルダーバッグの紐があたる肩周辺などは要注意です。

着用後のお手入れ
外出後には必ずホコリを取り除きましょう。見えなくても大量の砂埃やハウスダストが付着しています。
毛を傷めないように軽くはたき出し、ホコリを落とします。ホコリが付着したままだと、虫食い・毛抜けの原因となります。

■長期保管の注意点
一番気をつけたいのが虫食いです。
収納前にしっかりホコリを取り除き、食べこぼしなどの汚れが付着していない状態で市販の通気性の良い衣類カバーをかけてからクローゼットにしまいましょう。
ほこりを防ぐのはもちろんですが、毛皮は日光や蛍光灯などの紫外線で変色しやすい為、通気性のある衣類カバーは必須といえるでしょう。
高温多湿の保存はカビの発生や悪臭の原因にもなりますので、適度な期間で風通しのよい場所で陰干しをするとよいでしょう。
またデリケートな素材のため、防虫剤を使用する場合はカシミヤ・毛皮専用のものを使うのが理想的です。
使用するハンガーは、出来るだけ幅のある大きめのハンガーを使うと型崩れがおきにくいです。

5

このようにたくさん注意点があり、それを守っていても自然劣化は避けられない場合があります。

どうしても自分で着る機会がなくなってしまった際には家族や知り合いに譲る、または思い切って売ってしまうのも一手ですね。
お手持ちの毛皮の種類や価値を正しく理解し、後悔の無いよう毛皮と付き合っていきたいものです。


関連記事・関連リンク

毛皮買取比較
売るなら今?毛皮買取店比較!

 

9-1
毛皮の種類と価値の知識

 

この記事の著者

ハラダ

ハラダContent Writer

ブランド・宝石・リサイクル業界に飛び込んで10年。時が経つのは早い。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る