宅配、店頭、出張 買取形態の違いと査定額

どの買取方法がいいだろう?

ブランド品に限らず多くの買取店が行ってる買取方法として店頭買取宅配買取出張買取の三つの買取方法があります。
下記にそれぞれの特徴について説明していきます。

選べる3つの買取方法の特長

店頭買取

ブランド品 買取 比較

お店に売りたい物を持参する一番オーソドックスな買取方法です。
郵送宅配買取に比べ売りたい物を持ち込み買取成立するとその場で代金が支払われるので急ぎの時などに便利です。
直接お店から査定額の説明も詳しく聞くことができる点でメリットがあると言えます。
デメリットとしては売りたい物が多いときなどは宅配や出張買取に比べ不便である。

宅配買取

郵送宅配買取

最近では珍しくもなくなってきた、品物を宅配でお店に送り、査定結果の連絡をしてもらい査定額に満足し買取成約すれば代金が銀行口座に振り込まれる、不成立なら宅配で品物が返送されてくる形態の買取方法です。

郵送宅配買取を受け付けているお店のほとんどが送料着払いで、返送の際も特段の理由がなければ返送料無料のところが多いです。
また、発送の際も宅配業者に電話で集荷も頼めるので品物の量が多くても便利です。
宅配用の梱包するダンボールなども申し込めばお店側で用意してくれますし基本的に査定に出す際お客の側にコストはかからないです。

デメリットとしては郵送のため発送から査定、買取成立・振込みまで店頭や出張買取と違い時間がかかってしまう点です。
査定・振込みまでの時間は早いところもあれば遅いところもあり、お店によってまちまちです。

出張買取

ブランド品 出張買取

お店の査定員がお客様のご自宅で商品を査定する買取方法です。
自宅を留守にできない、査定に出す品が多いなどの時に便利な方法。買取成立すれば買取金額が相当な高額などの特段の理由がなければ通常はその場で買取後即代金が支払われます。
デメリットとしては申し込みから出張されるまでお店側のスケジュールしだいでは時間がかかってしまう時もあります。

査定額の違い

基本的には買取形態の違いで査定額が変わってくることはないと言えますが、それぞれの買取形態の違いでコストも変わってくるので全てのお店がそうだと言い切ることはできません。

できない買取方法

ブランド品に限らず買取をする際は買取を希望する人の自宅店頭以外の場所では買取できません。
ファミリーレストランや喫茶店、車中などの場所での買取は古物買取について規定した法律違反になります。

また、最近は金・プラチナの高騰にともなって訪問買取が増えていますが中には悪徳業者も多いので注意してください。

買取等を行ってるお店や業者は各都道府県公安委員会に届出をした上で営業しています。
もし何か不安な場合は、届出をしているお店のホームページや広告には必ず公安委員会が発行している番号があるので、その番号を各都道府県公安委員会のホームページで照会してみましょう。

関連記事

お店の知名度=高価買取につながるか?
お店を知る
買取店の選び方

 

関連サイト(外部リンク)

トップブランドの洋服を出張買取するならコチラ

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る