手順9.商品説明を充実させる

商品説明はしっかりと記入する

商品タイトルが決定したら次に商品説明の入力になります。

商品タイトルは注意を引くものです。しかし商品タイトルでどれだけ商品ページに訪問者が来てもずさんな商品説明では商品をじかに手に取れない、そして顔の見えない取引であるネットオークションではなかなか落札につながりません。

詳細な商品説明は入札意欲を高める

詳細な商品説明は商品に入札しようと思っている人へのアピールになりますが、それ以上に出品者がどんな人なのか、詳細な商品説明があれば丁寧な出品者というイメージが沸き、ずさんな商品説明の場合と比べ同じ商品でも入札意欲は変わってくるでしょう。

商品説明例

ダメな商品説明
理想的な商品説明

 

ヤフオク 出品方法

上記例のように同じ商品を扱っている場合誰でも下の商品説明をしている出品者と取引したいと思うのではないでしょうか?
顔が見えない取引であるヤフーオークションで商品のアピールと共に商品に対する信頼感を持ってもらうには商品説明をしっかりすることが重要です。

商品説明での記載事項

商品説明欄に記載しておいた方がよいと思われる基本的な商品情報+αの項目を上げてみました。

商品名・ブランド名 ブランド名とヴィトン、エルメスのようにバッグに名前があればその名前
代理店・シリアル タグなどを見て代理店の名前があれば代理店を通っていること。型番・シリアルNO.があれば記載
状態 写真で見てわかりにくいダメージや、シミ色あせなど。新品未使用などもここでアピール。
購入・販売時期 気にする人は多いので、購入時期がわかる場合は記載した方が無難。エルメスならアルファベット刻印
サイズ 記載サイズの他にメジャーなどで実寸を測るとなおよし。サイズの測り方→http://p.tl/5v-m
素材 洋服なら品表タグを写真で撮影したものを商品画像の所に載せてもOKです。
仕様 バッグ、財布などの場合カードポケットがいくつあるか、内外ポケットの数等々。
付属品 購入時のケースの有無。保証書の有無。その他購入時に付属していたもの全般の有無

その他の記載事項

  • ・送料の負担、いくら送料がかかるか
  • ・返品受付の有無
  • ・その他特記しておくべき事項
  • ・商品について一言コメントを掲載していると好印象かも?

だいたいこれぐらいで十分かと思いますが、よく商品を出品して落札されている出品者さんがどのような商品詳細を記載しているか参考にするのもいいかもしれません。

ヤフーオークションの手順別リンク

1.ヤフーオークションを始める

2.Yahoo Japan IDの取得

3. オークションユーザー登録

4.無料会員からヤフープレミアム会員への移行

5.出品するための本人確認登録

6.ヤフーオークションの出品費用

7.出品商品の写真を用意する

8.商品タイトルを決める

9.現在のページ

10.落札後の流れ

この記事の著者

玉城 貴也

玉城 貴也Chief Manager

私が記事の著者と出ているが、実はゴーストライターがいる。

この著者の最新の記事

関連記事

FACEBOOK

PR広告

ページ上部へ戻る